きみがぼくを教えてくれる

僕は僕を記録する係です

ぜろ

真夜中の水族館内を僕は歩いている。

仄暗い水槽の中を泡がブクブクと上昇していく。

目を見開いた魚たちがゆっくり泳いでいる。

僕は一番大きな水槽の前に座り込み、魚たちに問いかけたが

魚たちは知らんと言った。だがウロコ一枚一枚の価値を教えてくれた。

野性の海の想い出を語ってくれた。

眠そうな魚たち、しかし目を見開きながら。

 

「沖縄の黒い海」

いとこのYと2人で沖縄旅行に行ったとき一番印象に残っている景色。

崖の上のゲストハウスにて見たどこまでもだだっ広い海だ。

僕は深夜眠れず庭に出て真っ黒な海の彼方を見た。

そこに死を感じた。そして生も感じた。

海の波の揺れの中で小さなミジンコも大きなほ乳類も

削れ分解されていき、新しい命に生まれ変わると思った。

ゾッとした。ホッとした。沖縄の黒い海。

波は兵士たちの行軍の響き。始まりがあり終わりがある。

潮風に素っ裸にされた僕は寒くなって布団に潜って寝た。