読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きみがぼくを教えてくれる

自分自身の記録です

夜が破れて

犬の散歩ではなく犬と散歩、なんだ

海を見るのは好きだったが山を見るのも好きになった

父や祖父には道端の植物や鳴いている鳥の名前がわかる

僕にはまだわからない

音楽も人の声もいらなくなる時がある

そんな時は風に吹かれるためだけに風に吹かれるといい

心はいつも無意味な数字をカウントしていて

それが溜まりだすと息苦しくなってしまう

朝焼けとゴッホの描く朝焼けは全く違う

やっぱりゴッホは人間なんだ

狂気と正気の間から または狂気の渦の中

男も女も随分馬鹿らしく感じて僕は空を目指そうとするが

結局それは夢見る男の考えに過ぎない

朝より夜明けが好きなんだ

でも気がつけば朝に目覚める

気がつくたびに深く息を吸っていた