きみがぼくを教えてくれる

僕は僕を記録する係です

真夜中、

真夜中、僕は家を抜け出して
パジャマ姿で黒い川を眺める
そうしてひとりぼっちの中に
なにか真実を見い出そうとする

川底には目を閉じた裸の女が沈んでいる
七色の薔薇の花を口にくわえている
流れることも出来ない重さが彼女の
悲しさなのかな

真夜中、今は二時を過ぎた

魚たちは目を開いて泳いでいるので
僕は思わず話しかけてしまった
一枚ウロコを売ってくれ 一枚ウロコを売ってくれ
あなたたちのその美しい鎧を

魚たちはそれは出来ないと言った
だが野性の海の想い出を語ってくれた
眠そうな魚たち 目を見開きながら
行かなければならないところがあるという

真夜中、今は三時半

ああ、僕は手紙でも書こうか
小さな舟に乗せて流すんだ
手紙には「読んでくれてありがとう」と書こう
返事は期待できないからね

まあとにかく今は朝陽を浴びて
粉々になっていく吸血鬼みたいな気分だよ
それなら君に杭で打たれる方が
いいと思ってるんだよ

真夜中、もうすぐ夜が明ける