heron

ドローム

稲穂の色ではない
古びた金貨のような黄金色の月がいくつもいくつも空高く
24時間周りをうろうろしてる
月は僕に勘違いさせるのだろう
狂気と正気のインスピレーションを得
ただ絵を描くんだって言いながら小銭しか持ってない
ポケットの中にあるくしゃくしゃの覚えのない紙片
今すぐにでも忘れてしまえる
曖昧レンズで物を見て
誰もいないところに向かって議論して
秋が来たら落ち葉を集め
内緒を隠して一緒に燃やす
まばたきしたらもう違う風景の中
ランダムであの人に会うんだ
優しい3つの言葉をもらって生きられる
また会いたくてさようならと言っても
もう夢の中にすらいなくなった
オアシスが無いと知って砂漠をさまようような
僕は壊れたピストルで
時たま吠える1丁のピストルで
行きたくなくても行かなくちゃならない
さっきあった足跡がもう無くなっている
針路を失っても食料は充分
あふれだした恵みに頭を抱えた
滞在する1つの点は次の点を見つけたくても
おんなじような白紙が次のページにあり
インク切れのペンを背負って移動している
だから踏切の向こうで待ってる
通り過ぎる車両の隙間からなにかサインを送ってくれ
そしたら気兼ねなく会いにいける
おれの引いた線におれはとまどっていた
入ってほしいのに誰も入ってはくれない
あの人は例外として
怒りながら入ってきてくれた
おれは怒られてると思ってなかった
嬉しかったという気持ち
記憶をいじくる天使の仕業かもしれない
だとしたらワインボトルの中にある小さな手紙をどう読めばいい
真っ白な部屋で真っ白なパズルを解いては組み立てる
僕についた色は段々はげていって
元ある色を忘れてしまう
透明無色でもそこにある
気化するアルコールのように
何かが頭のてっぺんから抜けていく
これは約束の場所じゃない
いつの間にか取り付けられた汚い契約だ
色んな絵を踏んでまた真っ白に戻れば
おんなじポーズを取りながら次の瞬間へ移動する
この余白になんと書こう
真似されるような筆記の署名しかできないから
僕は僕自身に名前を記して
今日の許可を得る
感情がちぎれて路頭をさまよう
それが見えているのは酔っ払いたちだけ
感じ取れるのはあの人だけ
溶けたろうそくを集めて新しいろうそくにでもしよう
屋根裏部屋で愛を考えるよ
遠慮はいらない
とっととやってくれ
吊り革から手が抜けないまま
天国行き
返事はいらない
最後の勝手
最初のお願い
ここから先は入れません