heron

薬はいらない、返事をくれよ

夕闇から逃れるように飛び去っていく鳥に見えた
夜は大きな口を開けて罠にかかる誰かを待つ
遠くなる都会の灯りと目の前の闇の間で
もらった手紙をずっと眺めていた

君が美しくなる 昨日の夢の中で
君が美しくなる前になにげない話をしたかっただけ
あの日交わした約束が想い出みたいだ
脚色が多くて今では遠くてすりきれて

季節が変わって 風景が変わる
時計の針の音が気になる
冬枯れた庭にあの子が立っていた
なにも言わずに立っていた

薬はいらない、返事をくれよ
薬はいらない、返事をくれよ

わかってたまるかよ 君の気持ちなど
わかってたまるかよ 僕の気持ちなど
すり切れるまで走ろう
骨になるまで走ろう
いつかはすべてが無くなるというの

薬はいらない、返事もいらない
なにもいらない、なにもほしくない

もう薬はいらない、返事をくれよ
薬はいらない、返事をくれよ

お願い お願い お願い お願い