heron

鈍色の季節の変わり目で 空と街とが溶け合った

つながった世界を見た

それは1つのピリオドで

僕の日記はそこで終わった

夢の中ではいつも鍵を無くしているから

心配しながら眠れない冬を送るだろう

明日には菜の花が咲き乱れ

その黄色を目印に歩いていく

ふるさとが心地よくなるまで旅に出る

元気いっぱいに北上しよう

一番北にはたぶん

たぶん墓場がある

眠れない芸術家たちの

晴れそうにない曇り空の下に

..........

一番星がいつも変わらずこの窓から見えるように

どうかお願いします

まだ幼い魔法使いは

古びたナイフを椅子の足にくくりつけ

必死になって祈りを捧げた

..........

おれは顔が描かれた鏡だ

手足のくっついた鏡

おれを抱きしめる人たちは

みんな己を抱きしめ

ずっとそばにいてよと言うのだ

そんな勝手なことがあるか

..........

むせるような霧の中に足音が聞こえる
獣たちはいつもどこからか僕を見ている

僕に獣たちが見えなくとも

獣たちには見えている

..........

真っ赤な嘘の太陽

黄が狂ったひまわり

白けた空の心

悩ましい僕のブルーは海へ還りたがってる

..........

感情が論理を追い越した

夜はなんだか眠れない

苛立つ炎がベッドを囲み

叫ぼうとしても叫べない

[EMOTION]

"どうかお大事に"

..........

なんだかさみしい夜 眠れない夜

時計の針の音が気になった

僕が子供の頃に植えた木の実は

大きな大きな木になった

想い出はいつも優しく語りかけるけど

遠くには今も走り続ける友達がいる

.......... 

金の鳥籠の中から眺めてる

丈夫な翼もあるし 

飛び方だって知ってるけど

鍵を開けるすべはなく

金の鳥籠の中から眺めてる

金の鳥籠の中から

.........

昼間は楽しいことをして

ホントのことは夜に言いたい

それなら夕陽が沈んでも寂しくないだろう

僕は友達より早く目が覚めて

カーテンを開けるかどうか迷ってる

.........

あなたが救われたと言った帰り道の途中で

わたしの身体の中を風のように光が通り抜けた

子供の頃に見た夢を今でも覚えているなんて

信じてもらえないことでしょう

あなたが救われたと言った帰り道の途中で

あなたがだんだん透明になっていく気がした

わたしたちは変わっていく生き物で

忘れてしまえる力があるとあなたは言った

.........

ロックンロール!

いつも扉を開けっぱなし

ありがとう

.........

歌にはきみが必要だ

僕だけじゃちょっと映えないのさ

歌にはきみがいてほしい

僕だけじゃちょっと間が持たないのさ

歌にはきみが必要だ

きみが好きじゃなくても

歌わせてあげて

ところできみって一体だれ

むかし会っただれかかい

だれでもないようなきみがいて

歌の中に暮らしてる

.........

これがあなたの後の骨

あなたを支えた後の骨

つかむと脆く崩れてしまった